Company

会社概要

Company

橋や鋼材の塗膜の塗り替えやソフトウェア開発などを請け負います

概要

会社名 有限会社塗装サービス工業所
住所 〒230-0027
神奈川県横浜市鶴見区菅沢町4-21
会社固定番号

045-506-0248

045-506-0248

直通番号

090-3574-3520

090-3574-3520

営業時間 8:00 〜 17:00

定休日

代表

齊藤 憲次

設立

2000年7月19日

アクセス

橋や鋼材の塗膜を新しく塗り替える仕事や、特殊研磨を鋼材に施す業務、そしてタスクをより効率的に管理するためのソフトウェア開発などを請け負っております。現在は拠点の神奈川県で塗装工の求人を行っており、業務拡大を進めながら、このような塗膜の塗り替えやソフトウェア事業を通して多くの方を笑顔にできるよう尽力いたします。塗膜の塗り替えで橋や鋼材の耐用年数を引き上げつつ、作業を自動化するソフトウェアで事業の効率化を後押しいたします。

橋や鋼材の塗り替え事業を通して街をより明るいものへ

明るい街という定義は、解釈する人の数だけ存在します。ある人はネオンや電灯で輝く都心の夜景を想像して、ある人は満天に輝く星空を想像して、ある人は大切な家族が待つ家に明かりが灯っていることを想像して、明るい街をイメージするでしょう。その中の一つとして塗装を通して街を明るく元気にするといった信念を貫き、神奈川県を拠点に東京都内で塗料を塗り替える仕事を請け負い、現在正社員待遇で求人中です。塗り替え対象となるのは、老朽化が進んだ橋りょうや、工場で生成された鋼材です。

橋りょうは定期的に塗膜を塗り替えないと錆びる等のリスクが伴い、安全面に支障が出てしまいます。そこで、依頼があった橋の塗膜を塗り替えることで、外観を美しく、錆びに強い状態へと仕上げる事業を展開しています。そして鋼材は出荷前に加工を施す必要があり、その一つが塗膜の塗り替えです。工場内でテープ養生とはけ・ローラーでの塗膜の塗り替え作業を行い、綺麗に仕上げたものを出荷できるようサポートしています。さらにこの鋼材には、必要に応じてショットブラスト処理を行い、錆びを研磨する工程を担当することもございます。

塗膜の塗り替え事業やソフトウェア開発などを通して事業を効率化

橋や鋼材の塗膜を新しく塗り替える仕事をお客様に提供

塗膜の塗り替え事業として、橋りょうや鋼材を塗り替える仕事に都内を中心に携わってまいりました。皆様は、仮に橋が日本になくなってしまったときの状況を、想像してみてください。物流において橋の存在は必要不可欠なもの、ネットショップで注文したあらゆる商品や、工場へ出荷された素材の数々が橋ではなく全て船で水場を渡って行かざるをえなかったら、大変な労力となってしまいます。その分運賃は跳ね上がり、事業運営にも大きく差し支えるでしょう。

だからこそ、橋りょうの塗膜は定期的にチェックして、もし剝離や腐食の進行が確認できた場合、塗装工へ仕事の依頼が入ってくるのです。神奈川県で塗膜を塗り替える職人の求人を行いながら、このような橋の安全を縁の下から支えるチームを新しく編成いたします。また、工場で生産される鋼材の塗膜も、しっかり塗ってから出荷する必要があります。テープ養生を済ませた上で、はけ・ローラーでの塗膜の塗り替え作業を進めつつ、必要に応じてショットブラスト処理によって特殊研磨を行う作業を担当してまいりました。このような塗膜を塗り替える事業において、将来管理職を目指したいに対しては、優先的に資格取得支援も行っています。

タスク管理の自動化を目指すソフトウェア開発を進める

どのような事業においてもタスク管理は重要事項であり、事業が効率的に進むか、無駄が多くコストがかさむかの分かれ道になります。社員達のシフト調整で手間取って、一部の社員の労働時間に偏りが発生する懸念があり、工場でどのくらいの在庫を抱え発注を済ませたのかといった在庫管理も、大変気を遣う業務の一つです。これらをソフトウェアを通して可能な限り自動化できるよう、神奈川で求人を行いながら塗装業と並行して、ソフト開発部を新設いたしました。

従業員のシフト管理を見える化して、より容易に作業時間を管理できるようになることで、特定の従業員に過度な負担がかかり過ぎることもなくなっていき、管理職のシフト管理業務に割く時間も大幅な短縮が期待できます。また、現状の在庫・出荷・相手の受け取り状況などを全てソフトウェアを通して見える化することによって、工場の在庫管理業務が一新します。在庫量を把握してどのくらいの生産を工場で進める必要があるのか一目瞭然であり、必要以上に在庫を抱え込む必要がなくなるかもしれません。また、発送状況や発想した商品が相手側で受け取り済みか輸送中か、そして入金の有無までしっかりチェックでき、工場の売上管理にも大きく貢献できる可能性がございます。

Photo Gallery

フォトギャラリー