Our Service

事業案内

金属の塗膜を新しいものに塗り替えソフトウェアも開発

金属面に塗料を塗布するのは、外観を綺麗に仕上げることに加え、金属の錆びや腐食を予防するためであり、それによって耐用年数を底上げする働きがあります。こうすることで、橋は雨風や紫外線により強くなり、長持ちするようになります。また鋼材も長いこと使える状態になります。有限会社塗装サービス工業所はこのような金属の塗面を刷新する職人を神奈川で求人し、橋りょうのメンテナンスや工場内における鋼材の生産の一助となってまいります。また、管理職のマネジメント業務を効率化させるソフトウェア開発にも、着手いたしました。

事業内容

  • 一般塗装

    一般塗装
    新橋塗装・橋りょう塗装・一般塗り替え塗装
  • 特殊研磨

    特殊研磨
    鉄粉を高圧エアーで清掃(ショットブラスト)、溶剤を使用した塗膜剝離
  • ソフト開発

    ソフト開発
    ソフトウェア開発・アプリ運営

事業案内

橋や鋼材の塗膜を新しく塗り替え耐用年数を底上げさせます

空気中の酸素と反応し、徐々に錆びや腐食が発生していくのが金属の性質であり、この性質を抑制するために現在では工業技術も非常に進んでいます。しかしながら、長く使い続けるほど、腐食のリスクが増すのは仕方のないことです。そのリスクを受け入れるにあたって、塗膜状態の調査を定期的に行うことは非常に有意義です。

特に橋りょうに至っては、24時間365日、雨風に晒され紫外線が照射され続けます。塗膜の耐久性がいかに高いものであっても、これらによってだんだん耐久力が低下し、次第に金属の腐食が進行してしまいます。そうならないよう、定期的に塗膜の調査を行い、もし腐食が確認された場合に塗膜を塗り替える職人を現地に派遣いたします。また、鋼材の塗膜を剝離させ、特殊研磨を施し塗り直す仕事も請け負ってまいりました。

ソフトウェア開発で管理職の業務をより効率的にし人件費を削減へ

管理職の方々の仕事量は非常に多く、特にマネジメント業務に割かなければならない時間が膨大になりがちです。社員達一人ひとりのシフトの要望を考慮してシフト表を作成し、社員からの要望を上層部に伝える調整役を担うこともあります。そして工場内で生産している製品の在庫数を把握し、現場どのくらい出荷が済み、それらを相手が受け取ったか確認し、入金の有無をチェックする、このような在庫管理だけでも膨大な時間を必要とするでしょう。

これらの管理業務をまとめ、一目で「見える化」することによって、管理職の方々の生産性は大幅な向上が期待できます。シフト管理もスムーズになり、社員達がより働きやすいよう調整しやすくなります。また、在庫状況も一目で確認できるようになり、在庫を工場内で必要以上に保管することもなくなるでしょう。

有限会社塗装サービス工業所が都内での仕事を中心に請け負ってきた事業は、大きく分けて二つあります。その一つが塗膜を塗り替える事業であり、橋りょうや鋼材の塗膜を新しく塗り替える作業を担当してきました。橋の安全性を確保するためには、金属面の負傷をいかに抑制するかが非常に重要です。特にかつての東京五輪をきっかけに一斉に施工された公共インフラの寿命が、一斉に尽きかけている状況下にあります。そのため、政府からも公共インフラ整備の仕事の依頼が多くいただいており、おかげさまで仕事量も安定しています。

橋りょうの塗膜が剝がれていないか、腐食が進んでいないか定期的に調査を行い、もし安全性への懸念事項が確認できた際には、都内の現場に職人を派遣いたします。そのためにはより多くの人員を必要としており、神奈川県で正社員の求人情報を公開してまいりました。正社員には、橋りょうの塗膜メンテナンスに加え、鋼材の塗膜を塗り替える作業も担当していただきます。そして二つ目の事業として、管理職の仕事量をより効率化させるためのソフトウェア開発も進めることによって、自社の管理職の業務量を削減するのとともに、お客様の工場における管理業務の効率化を促進してまいります。

Recruit

新着求人

Recruit

募集要項

アイコン